雨色のひだまり

好奇心旺盛なスーパー引込思案の思いつきあつめ

かもめブックスに行ってきた

こんばんは。2355です。

 

神楽坂にある、『かもめブックス』に行ってきました。

 

kamomebooks.jp

 

鷗来堂という校閲の会社が運営している本屋さんだそうで、どこかの記事で代表の方のインタビューを読んで以来、いつか行こうと思っていた場所でした。

 

そのときの記事ではないですが、こちらをぜひ。

ABOUT | かもめブックス

 

本屋が潰れていく話はよく聞くけれど、実際に動く方は少ない、と思います。私はwebよりまずは手に取りたい方なので断然本屋派だけれど、実際に動くとかは考えていなかった。

 

この方の作った本屋さんに行きたい!と思ったのが訪問のきっかけです。やっと行けて嬉しい。

 

鷗来堂の鷗って、かもめと読むんですね。だからかもめブックスかぁ……

本を広げるとかもめが飛んでいるように見えるからかな。かわいい。

 

駅すぐの立地

迷わず行けました。迷いやすいのでありがたいです。

 

置いてある本

色々迷って、案外普通の本を選びましたが、そこにいるだけで楽しかった。ほかでは前面に出てこない本がたくさんあって、すごくよかった。

 

お客さんに特徴あり。

多分ですが、カフェを利用しているお客さんは、本のお仕事をしている方々だったんじゃないかな。なんだか頭の良さそうな、かっこいい女性が多かったです。

 

神楽坂にいくときは、ぜひ行ってみてください!