雨色のひだまり

好奇心旺盛なスーパー引込思案の思いつきあつめ

儚い雰囲気になりたかった

 

私は髪の量が多いらしい。

周りに言われるまで気がつかず、最近知った。担当してもらっている美容師さんにおそるおそる確認してみたら、多いらしい。むしろ、今更?という反応だった。ショック。

なんとなく、髪が多いと儚い雰囲気になれない気がする。滑らかにするするっと流れるような髪になりたいのに、難しいなと思っていたが、そうか髪が多いのが原因か。

髪が広がることが多いと思っていたけど、髪が多いからなりやすいんだってさ。

私はイエベで、ブルベの儚い雰囲気に憧れているのだけれど、そうか髪まで儚さから離れていたのか。

 

落ち込んでいても仕方がないので、対策を考えてみた。

 

髪をアッシュ系にする

 

儚い雰囲気にしたいんですよねーなんか言いにくいんですけどーと美容師さんに言ってみたら、『透明感がある感じですよね?』と言い直された。そうそう、それ!そう言えばよかったのか!恥ずかしいけどがんばったのにー!アッシュ系がいいらしいです。

イエベなのでアッシュは似合わないかも…と言ったら、もし気になるならアッシュに暖色系を所々いれたりとか、暖色系のカラーにアッシュを所々いれてはどうか、とのことでした。

ちなみに、肌が綺麗に見える色にして欲しいと言ったときは、ピンクがかったチョコレートみたいな色になりました。すごく良かった。なりたい雰囲気で伝えるのっていいのかも。

 

儚いは諦める

 

諦めるというか、似合うものを探すってことですね。たぶん色々試すしかないだろうなぁ…。時間もお金もかかりそうだけど。(面倒だなぁ…)

 

髪が多いからこそ似合う髪型にする

 

これは具体的にまだ見つかっていないんですが、たぶんあると思うんですよね。これから探す。今思いついたのは、アフロとかドレッドみたいなパーマとか…?確実に似合わないからしないけど。儚いから離れすぎ!

 

なんだか考えが変な方向に進んできたので、このあたりでやめておこうかな。

髪が多いと、乾かすのに時間がかかったり、雨の日のボンバーっぷりには辟易するけどうまく付き合っていかなきゃ。。

 

髪が多くてお悩みの皆様へ。

 

ちなみに、この悩みは理解されにくいらしいです。

自分たちが思っている以上に、髪の薄さとか、減ってきたとか、将来的なハゲでお悩みの方が多数いらっしゃるみたいなので、外では言わない方がいい。男女限らず。

髪の話題って難しい。

 

今週のお題「髪型」